プライオリティ・パスとは?メリットや注意点、無料の発行方法もご紹介!

「プライオリティ・パスってなに?」と思われている方はいますか?
プライオリティ・パスがあれば世界各国の空港ラウンジが使えるようになります

しかし、それは知ってても詳細までは知らないという人は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、プライオリティ・パスの概要からメリットや注意点、利用方法まで詳しく解説します
また、実質無料でプライオリティ・パスを発行する方法も紹介しているので、ぜひ最後までご覧くださいね。

プライオリティ・パスを作り、ラウンジで優雅なひとときを過ごしましょう。

プライオリティ・パスは1300ヵ所以上のラウンジが使えるカード

プライオリティ・パスは世界で1300か所以上のラウンジが使えるようになり、様々な高クオリティのサービスが受けられるカードです。
利用できるラウンジ数は毎月増加し続けています。

ラウンジのある場所は以下の地図のように、ヨーロッパ各国をはじめアメリカやアジアなど非常に広範囲です。


プライオリティ・パス

ラウンジを使えば、フライトまでの待ち時間をゆっくり過ごしたり、仕事をしたりして有効活用できます
到着時でも利用できるラウンジも一部あり、とても便利です。

プライオリティ・パスには3種類の会員プランがある

プライオリティ・パスには以下のように3種類の会員プランがあります。

それぞれ年会費や利用料金が異なるので注意してください。


スタンダード

スタンダード・プラス

プレステージ

年会費

99ドル(約11,000円)

299ドル(約33,000円)

429ドル(約47,000円)

利用料金

32ドル(約3,500円)

10回まで無料利用、その後は32ドル(約3,500円)

何回でも無料

同伴者料金

32ドル(約3,500円)

32ドル(約3,500円)

32ドル(約3,500円)

また、実際にプライオリティ・パスを作る時は配送料が10ドル必要です。

上記の価格はプライオリティ・パスをサイトから直接申し込む場合の価格になります。
実はもっとお得に作る方法があるので、気になる方は「プライオリティパスを無料発行できるおすすめクレジットカード」をご覧ください。

スタンダード

  スタンダード
年会費 99ドル(約11,000円)
利用料金 32ドル(約3,500円)
同伴者料金 32ドル(約3,500円)

スタンダードプランはプライオリティ・パスの会員プランで年会費が最も安いものです。

このプランを使っても利用料金が無料になることはなく、1回当たり32ドル(約3,500円)が必要になります。

頻繫にラウンジを利用する方にはあまり向いていません。

スタンダード・プラス

スタンダードプラン

年会費

299ドル(約33,000円)
利用料金
10回まで無料利用、その後は32ドル(約3,500円)
同伴者料金
32ドル(約3,500円)

スタンダード・プラスプランになれば10回までラウンジを無料で利用できます。
それ以降は32ドルがかかるため、スタンダードプランと同じになってしまう仕様です。

「海外に行く機会はあるけど、10回以上は行かないな。」という人にはぴったりのプランでしょう。

プレステージ


プレステージ

年会費

429ドル(約47,000円)

利用料金

何回でも無料

同伴者料金

32ドル(約3,500円)

プレステージは年会費が約47,000円かかるものの、無料利用が制限がなくなるプランです。

海外出張や旅行を頻繫にくりかえす人は、このプレステージランク一択でしょう。

プライオリティ・パスの4つのメリット

プライオリティ・パスのメリットは以下の4つです。

・どんな航空会社を利用してもラウンジが使えて便利
・無料のフードやドリンクが豊富で満足
・マッサージチェアやシャワールームがあって疲労回復できる
・コンセントやWi-Fi完備で仕事を進められる

それぞれ詳しく説明します。

どんな航空会社を利用してもラウンジが使えて便利

プライオリティ・パスなら、フライトで利用する航空会社がどこであろうとラウンジに入れるのが魅力です。

例えば、近場の旅行先として人気な台湾や香港、リゾート地として有名なハワイやグアムなどもプライオリティ・パスで入れるラウンジがあります。
これらの国々はLCCも含めて様々な航空会社でいくことが可能です。

一般的には、ラウンジを保有している航空会社や提携会社の飛行機に搭乗しなければ各国のラウンジは利用できません
しかし、プライオリティ・パスなら航空会社は関係なく自由に空港ラウンジを利用できるため、非常に便利です。

無料のフードやドリンクが豊富で満足

一部のラウンジにはマッサージチェアやシャワールームがあり、フライト前にしっかりと疲れを取ることができます
到着後に使えるラウンジがあれば、フライト後でもリラックス可能です。

仕事で海外へ行くときは、疲労回復のために特に重宝するでしょう。

コンセントやWi-Fi完備で仕事を進められる

どのラウンジにもWi-Fiとコンセントがあるため、フライトの待ち時間で仕事を進められます
ただし、基本的に海外では変換器もしくはUSB端子がある充電器がないとコンセントは使えないので注意してください

有料になりますが、会議室が用意されているラウンジもあります。

空いた時間を有効活用でき、きっと仕事が捗るでしょう。

プライオリティ・パスの3つの注意点

プライオリティ・パスの注意点は以下の3つです。

・まれに入場制限がある
・同伴者は有料
・営業時間外の場合がある

それぞれ詳しく説明します。

まれに入場制限がある

ラウンジが混み合っていたり、何かトラブルがあると入場制限がかかって入れない場合があります

せっかくラウンジに来たのに入れないのは残念ですよね。
それを未然に防ぐためにも、プライオリティ・パスのウェブサイトかアプリで空室状況を確認しておくよいです。

同伴者は有料

プライオリティ・パスを持っていない同伴者は利用料金が別に32ドルかかってしまいます
逆に考えると、利用料金さえ払えばプライオリティ・パスがなくても問題ありません。

ただし、クレジットカード会社のサービスを通してプライオリティ・パスを作った場合、同伴者料金は各社で異なります。
また、2歳未満なら利用料金を無料にしているラウンジもあります

利用前に同伴者料金を一度確認しておくとよいでしょう。

営業時間外の場合がある

24時間営業のラウンジがある一方、深夜・早朝は営業していない場合があります

「せっかくラウンジに行ったのに閉まってた。」ということがないように、こちらもウェブサイトかアプリで事前に確認しておくとよいです。

プライオリティパスの利用は提示&サインだけ

ラウンジを利用する時は、まずプライオリティパスと搭乗券を受付のスタッフに見せてください。
その後、利用伝票にサインすれば簡単に入れます。

カードタイプだけでなく、デジタル会員証も利用可能です。
アプリをダウンロードすればスマホ上にプライオリティ・パスを表示できるので、あとはスタッフに見せるだけになります。
アプリは、空港マップやラウンジの検索、空港施設のサービスの割引などが確認できて便利です。

プライオリティパスを無料発行できるおすすめクレジットカード


実は、プライオリティ・パスは一部のクレジットカードのサービスを使えば無料で発行できるのです。

ここでは、プライオリティ・パスが発行可能な数あるクレジットカードの中から厳選した、特にお得なものをご紹介しましょう。
今回ご紹介するカードは「楽天プレミアムカード」です。

年会費も抑えられる「楽天プレミアムカード」がお得

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード

年会費

ブランド

還元率

保険

おすすめできる人

11,000円(税込)
JCB、VISA、MasterCard、アメックス
1%

国内・海外(最高5,000万円)
最安の年会費でプライオリティ・パスが作りたい

お得かつ使いやすいことで人気を集める楽天カードの上位種が「楽天プレミアムカード」です。

楽天プレミアムカードなら、プレステージランクのプライオリティ・パスをたった年会費11,000円で使えるようになります。
プレステージランクのプライオリティ・パスのみ申し込む場合、年会費は429ドル(約47,000円)です。
つまり、楽天プレミアムカードからプライオリティ・パスを作ることで、約36,000円もお得になります。

注意点は、同伴者料金が3,000円(税別)かかることと、カードの自動更新がないことだけです。特に大きな問題はありません。

海外だけでなく、国内のラウンジももちろん使えるので、多数の場所で活躍します。
その他にも、楽天市場や楽天ペイなど楽天サービスを利用しているなら得することが非常に多いです。

お得な年会費でプライオリティ・パスを手に入れて世界中のラウンジを利用したいなら、「楽天プレミアムカード」一択だといえます。

プライオリティパスでラウンジを使って優雅な時間を過ごそう!

出張や旅行など海外に行くことが多い人のなかには、フライト前にラウンジでゆっくり過ごしたい人もいるのではないでしょうか。

プライオリティ・パスがあれば、世界中のラウンジを利用できる権利が手に入ります。
今回ご紹介した「楽天プレミアムカード」でプライオリティ・パスを作り、空港ラウンジ優雅な時間を過ごしてみてくださいね。

PAGE TOP